みゆさんのブログ

すべての生きにくい人に寄り添うブログ

今日の自分と明日の自分は違う人間。今日だけ生き抜くことを考えればよい(๑˃̵ᴗ˂̵)و

f:id:miyunekoclub:20170923225515j:plain

こんにちは~みゆさんです ٩(๑•̀ω•́๑)۶

 

明日の仕事がかったるい。また明日何かミスを犯すかもしれない。明日またあの人と職場で顔を合わせるのが嫌だなあ。明日は重要な試験があって出来るか不安で仕方がない。。。など明日や未来に対していつも心配で仕方がない人、私を含めてだけれど、実はそれほど心配することはないみたいだよ。👆

 今日の自分と明日の自分は違う人間なのである

明日の仕事や試験は「明日の自分」がやってくれるのであり、「今日の自分」がやるわけではない。

 人は記憶というものがあるから、それに頼り、今日の自分は昨日から地続きで全く変わりがない、100パーセント同じ人間であると認識する。

しかし、細胞は毎日新陳代謝により沢山入れ替わっており、脳も体の状態も毎日まったく同じではない。🌡💉

人の脳は、その日の体調や気分、記憶の定着度などによって状態が変わる。

今日に覚えた情報が、睡眠中に脳内で自動的に整理され、今日わからなかった問題が、翌日にはよりすっきりと見えている、というのはよくあることだ。💡

 

「明日の自分」は「今日の自分」とは別人なのであるから、明日のことを不安がり思い悩むよりは、「今日の自分」がベストを尽くして生き抜き、「明日の自分」に良い状態でバトンタッチするという発想で生きる方が楽なのかもしれない。🌞

 

そう思うと「昨日の自分」はすでに死んでいるということになる。昨日のことを思い悔やんでもどうしようもないってことだ。「昨日の自分」と「今日の自分」も別人ということになるからだ。🌗

 

昨日と明日、過去と未来について悩んだり考えすぎてしまうのは意味がない。「今日の自分」には今日しかないのだから、今日のことだけを考えて精一杯生きるしかない。

人は毎日死んで毎日生まれ変わっているようなものなのだ。💀

 

今まで私はいつもいつも過去にやってしまった失敗や恥ずかしい事柄のことを頭の中で繰り返し繰り返し考えすぎて、心が病んでしまうことが多かった。特にADHD注意欠陥多動性障害)の影響で頭の中が多動気味な為、休まずに常に考えを巡らす癖があり、そのような状態になりやすかったのである。

 

過去について考えすぎてしまうのは意味がないばかりか、今日という大切な一日を生きることを妨げてしまう。そして明日の未来の自分に悪い影響を与えてしまうのである。

 

そんな私も最近やっと、起きてしまった過去のことをあまり悔やまないように生活出来るようになってきた、少しづつではあるが。🌥

 

もし今日が、あらゆる事が失敗だらけで、人間関係も上手く行かなくて最悪な日だったとしても、それは今日が体調が悪かったり、精神状態が安定していなかったせいであり、明日はもっと良いコンディションで良い結果を残せる日になるかもしれない。

 

今日の自分がダメだからと言って、明日の自分もダメとは限らない

 

今日の自分がダメと感じるならば、いつもより冷静に落ち着いて静かに過ごすようにするのがいい。一見消極的な行動に思えるが、これはその日のベストな生き方であると思う。それが明日の自分が生きるのに良い影響を与えるのである。🌟

 

このように毎日毎日新しい自分が生きると分れば、何か長期的な計画を立てる際、例えば3ヶ月先までに何かのプロジェクトを完成させる目標があるならば、「7日後の自分」「30日後の自分」「60日後の自分」のように毎日1人ずつ90日として90人の自分に割り振って皆で一緒に成し遂げるという発想で行くのがいいだろう。そうすると「今日の自分」1人だけがすべてを成し遂げようとする必要はない、明日の仕事は明日の自分がやってくれる。1週間後は1週間後の自分、1ヶ月後は1ヶ月後の自分がそれぞれその時に応じた仕事をやってくれる。だから今日の自分1人だけじゃない90人の自分が毎日バトンタッチしながら、一緒にプロジェクトに取り組んでくれると思えば、どんな大きなことでも臆せず毎日1つずつ段階を踏んで目標に向かって歩んでゆけるということになるのだ。📅

 

未来が不安になるのは今の自分だけがすべてだと思うから。

そして過去の自分はもう存在しないのだから今の自分とは違う。

すべては今の自分だ。今の自分が今日を生き抜くことだけが大切なことなんだ

だから明日の自分にバトンタッチするために、今日をとりあえず頑張って生きることにするっ!

 

  • (๑˃̵ᴗ˂̵)و みゆさん