みゆさんのブログ

すべての生きにくい人に寄り添うブログ

心をざわざわさせるもの、心の渦~コンプレックス~|д・)

f:id:miyunekoclub:20171110222656j:plain

こんにちは、みゆさんです٩(๑´0`๑)۶

通常心は平常を保っていて穏やかでいるのに、なぜだか時々ざわざわと波立って、平常心ではいられなくなることがある。🌪🌊

そのような心に波を立てるのは何なのか?。。それは他人である。

現実に目の前にいる他人でも、テレビの中や漫画の中、小説の中や映画の中の他人でも、ある人物が現れて色々な言動を起こすと、なぜだかモヤモヤしたり、イライラしたり、焦ったり、嫉妬したり、怒りの感情、悲しみの感情がわき上がってきたり、とにかく普通の心理状態でいられなくなることがある。☔⛈🌊

激しさの程度の差はあれど、なぜそのような現象が起こるのか?

不思議なのは、ある人物がいても心が穏やかで全然平気でいられるのに、ある人物がいると心がざわざわと波立つというように、人によって変わるということである。

心を波立たせる原因は、ある他人の存在そのもの、またはその人の言動なのである。

人の心には無意識の層があるのだが、そこには「コンプレックス」と呼ばれる渦のような台風の目のようなものがある。

ふだんは静かな海のように、晴れ渡った空のように穏やかなのだが、外界から何かの刺激を受けると、嵐のように乱気流のように暴れ出す、人が触れられたくないと日頃から思っていることがこの渦の正体である。

例えばお金にたいしてこだわりの強い人は、お金に関する人の行動や態度に敏感に反応する。💰

自分の容姿に自信がなくて気にしすぎている人は、容姿に関するコンプレックスの渦があり、他人の美しさや醜さに異常に反応する。👧🏻👧🏼

自分が弱虫、負け組だと思ってしまっている人は、パワーや権力というものがコンプレックスであり、横柄で独裁的な人間を見ると心の渦が刺激されて、心が波立って怒りや悲しみや嫉妬がの感情が渦巻いてパニック状態に陥る。

私の心の中のコンプレックスもこれに近くて、小さい頃から発達の遅い子で、そのトロさや動作の鈍さ、おとなしさ、口数の少なさで結構色々な子に虐められたりした経験があるものだから、いまだに自分が弱者である、何をやっても人に劣る、人に負かされる、馬鹿にされる、人に嫌がられる存在であるというコンプレックスの渦達が、小さくはなってきたけれどまだ消えていない。😰

今でも他人のちょっとした言動や存在で心を刺激されてざわつき、胸がムカムカして集中力がなくなってしまうことがある。

テレビに出る芸能人などでも、心を刺激するような言動をする人がいたり、番組内容がそんなものだと、チャンネルをすぐに変えてしまう。

私にとって今現在もっともコンプレックスの渦を刺激する人間は、仕事先でただ試食、試飲しにくるだけの、10代~21,2才くらいのリア充系の男女で、カップルや団体でニヤニヤしていたり、ヘラヘラと騒いでいたりするやつらがいると、本当に心がざわついて理由なしにイライラして不快になる。まだ物を買ってくれるならば心が穏やかでいられるが、買わないで食べ逃げ飲み逃げされると、心から「死ねばいいのに」「このゴミくず」「とっとと失せろ」と思ってしまう。こんなやつらに”負けた”と思ってしまうのだ。”馬鹿にされた”、”冷やかされた”と思ってしまうのだ。🤒

こんなことを言う私は病的だと思うかもしれないが、これが心の渦というものだ。

まだまだ私の心の傷は完全には癒えていないのである。🍃🍂

このように1人の人の心の中にはいくつもの渦が存在している。🌪

そして心の渦「コンプレックス」とは非常にやっかいなもので、これが様々な問題を引き起こすのである。

コンプレックスの渦が心にたくさんあればある人ほど生きにくくなる。

人間が怖くなってしまい孤立してしまう。

しかしこの世は人間との関わりなしには生きてゆけない。

どうすればいいのだろうか?

このコンプレックスに敏感に反応するのは、心の中に存在するインナーチャイルドと呼ばれる自分の中の癒やされていない子供である。🎒

この子供はいつも居て、時々寂しがったり不安がったりする。

もし心の中の渦や台風の目が暴れ出して、心が波立って感情の波に巻き込まれてしまったならば、まずはこのインナーチャイルド、心の中の子供に声をかけてなだめてあげると落ち着いて穏やかさを取り戻せると言う。

気持ちがパニックになったとき、心の中の子供に「大丈夫だよ」と優しく声をかけて、同時に両腕で抱きしめてあげるといい。また胸やお腹に手を当ててもいい。そうすると不思議と気分が落ち着いてくるのだ。

自分と自分の中の子供といつも連携してい生きてゆく、つまり二人三脚で生きてゆくと心強い気持ちになる。

そして心の中の子供をなだめると、不思議と冷静になってその不快に感じていた事柄を客観的に見ることが出来るようになるという。事実はそれほど実は酷くもないんだと気づけるようになるらしいのだ。

それほど自分の中の子供をケアするというのは癒やしになって、心の問題の解決につながるのだろう。

心の中のコンプレックスを消すことは容易ではないけれど、自分の中のインナーチャイルドと上手に付き合って癒やしていくと、心の渦も徐々に減らしていけるのかもしれない。

(*´・∀・)みゆさん