みゆさんのブログ

すべての生きにくい人に寄り添うブログ

心の中の異性像〈アニマとアニムス〉男らしさと女らしさは変化する o(・ω・。)

f:id:miyunekoclub:20171215225720j:plain

こんにちは、みゆさんです (。☌ᴗ☌。)

前回の記事では男らしくとか女らしくとか言うことを散々批判していた小生ですが、今回は性(ジェンダー)を心理学的視点で見てみたいと思います。💕

男女の心の中にそれぞれ異性の属性を持っているという。

男性の無意識の領域にある女性像がアニマ👸🏼

女性の無意識の領域にある男性像がアニムスである。👨🏾

この心の深層にある異性像を外界に投影して、男女は恋愛をするのだという。💑

男性の中の女性像アニマは実存する女性だけに投影されるのではなく、女性アイドルやアニメキャラなどにもされる。

このアニマが心の深層で活発化されると、男性はその女性像と強く結びつき、いつも強いはずの男性が急に弱々しくなったり、何でも即決出来る男が優柔不断になったりと、女々しい感じになってしまうらしい。

好みの女性が現れてしまうと、男性の中のアニマが活動的になるということだ。

だから悪い方向に行くと、ホステスに夢中になった男が自分の財産をつぎ込んで破産してしまうというようなことが起きる。🤤

一方、女性の中の無意識の領域の男性像はアニムスである。

実はこちらは男性よりも少々よりやっかいな存在みたいだ。💧

現代社会は男性社会であり、男性的なことに価値を置く傾向がある。

その世の中で生きる女性は自分の中の男性像を無視して生きることはむずかしい。

女だからって負けることはない、女だって強く生きたっていい、という風に心の男性像のアニムスにとりつかれ易くなる。

アニムスとの結束は、女性に高い知識や決断力や実行力を与えてくれるという。そしてもともと根付いた存在である女性を高みへ連れ出してくれるのである。🐘

しかし、反対にこのアニムスとはまったく無縁な女性もいる。

このような女性は自己主張をせず、男性の望みのままに動くのだ。🍎

そのため男性の中の女性像を刺激し、男性をアニマの虜にしてしまう。

一般的になんの個性もない面白みのない女性が、案外男性を多く惹き付けるのにはこのような理由があるのだ。

アニムスとは無縁の女性は男性なしでは生きてゆけない、男性なしでは自身の存在価値を見いだせないのである。

アニムスに取り付かれている方の女性は、言葉を与えられ、物事を的確に判断し批判力を身につける。

女性の持つ豊かな感情を言葉によって表現できるのだが、批判精神が自分自身に向いてしまうと無為に陥ることがある。🌧

お喋り好きで外交的に見える女性であっても、自分を責める傾向があり、時々テンションが下がり落ち込んでしまう人は、アニムスが強く働いている人である。

男女の関係は実は1対1ではなく、心の中の元型、アニマ・アニムスを含めた2対2の4人の関係で成り立っているとも言われている。

どうりですんなりとはいかないわけである。😓

では違う視点から、男らしい、女らしいというものを見てみよう。🍭

世間一般的に言われる、男らしい性格、女らしい性格とは何だろうか?

一応定義はあるみたいだ:

 

男性的性格

①感情よりも理知に生きる

②物事を理論的に突っ込んで考える

③他人の考えによらず独立して考える

④流行に無頓着である

⑤主観を交えず客観的に人やものを見る

 

女性的性格

①理知よりも感情に生きる

②直感的に物事の真相を見る

③他人の暗示や示唆によって決断する

④流行によく気がつく

⑤他人の気持ちがよくわかる

 

確かにこの定義は典型的な男女の性格の区別という感じがする。

しかし何か変じゃないか?なんかしっくりこないなあ~って思わないだろうか?❓

男性だって感情優先の人だっているだろう。

女性だって理論的に考える人だっているだろう。

男性だって流行に敏感な人、

女性だって他人の気持ちがぜんぜんわからない人もいる。😦

そう、必ずしも100%完全に上の男女の性格の定義にぴったり当てはまるとは限らないのである。

むしろ100%男か女の性格に偏った人は珍しく、ほとんどの人は男女両方の性質を併せ持っているものなのだ。

じゃあ男らしい、女らしいとはどういう状態なんだと言うと、それは両者のパーセンテージの比である。

例えば男性が、男性的性格の要素を75%、女性的性格の要素を25%持っているとしたら、その人は男っぽくもあるけれど、女性的な部分も垣間見れるような、一般的によくいるタイプの男性である。🐕

しかしこれが男性的要素が65%で、女性的要素が35%の性格の男性だったならば、性格もより女性らしさが多く加わり、身体的にも影響が出てきて、顔の造りも柔らかで丸みを帯びていたり、なで肩であったり、体毛が薄かったりとなんとなく女性的な特徴が現れてくるのだ。🎀

そしてこれの男女逆の現象もある。

現代は昔と変わって、服装も言葉遣いも社会的役割も、男女の違いがだんだんと少なくなってきているため、100%の男性要素、100%の女性要素の人間はまず存在しないだろうと言われている。

現に男性が女性の格好をし、女性が男性の格好をすることはそれほど珍しいことではなくなってきている。

まさに”中性化現象”、”両性具有化現象”と言われる、性別のボーダーレスの時代に入ってきているのである。🌈

男のような女、女のような男が沢山巷には存在しているのだ。

それを奇妙で危機的な現象であるという人もいる。

しかしこの流れも自然現象であると思う。今の自然社会にはこの風潮が相応しいと考えてもいいかもしれない。😃

それは地球全体の規模で考えれば人口は明らかに増えすぎていて、このままでは自然のあらゆるものを喰いつくしてしまうわけだから、子孫の数は減らしていかなければならないと、人間を中性化させてなるべく子孫を残させないように自然淘汰が起こっていると考えるのもそう間違いではないように思う。

中性化する側に選ばれてしまったかもしれないけれど、それならそれなりに楽しく幸せに生きてゆこうと思う。

 

みゆさん (*´ω`*)