みゆさんのブログ

すべての生きにくい人に寄り添うブログ

人が好きなのに怖い、人に対して繊細すぎる人間( ꒪⌓꒪)

f:id:miyunekoclub:20180307231705j:plain

こんにちは、みゆさんですσ(´Д`●)

自分はかなり繊細な人間である。

かなりのガラスのハートだと思っている。💔

他人でも家族でも何か言われたことを、自分の頭の中でネガティブに捉えて、その言葉の意図を勝手に推測してしまい、ひどく落ち込むという困った性質である。

先日も職場の社員さんの女の子に「どこまでも真面目~」と半ばからかうように言われてしまった。💭

たったこれだけの一言で大きな石が頭から降ってきたかのようにズッシリと重い衝撃を受けてしまった。🗯

(私は真面目。。私は真面目。。。私は真面目、真面目、真面目、真面目。。。)💧💧

(私は真面目でノリが悪い、真面目で面白みのない、真面目でバカみたいってことなんだな。。。)😰

というふうに、メチャクチャネガティブにその言葉を捉えてしまったのである。

また別の人に、いつもランチに、ロールパンの中に色んな具を入れたサンドイッチを持ってくる私に対して、「ロールパン好きなんですね」と言われた。🥐🍞

端から見たら、何でもないセリフのように聞こえるけれど、私はその言葉に対して も恥ずかしさを感じてしまい、とても恥ずかしい気持ちがしてしまい、ずっと引きずっていた。なんか(ロールパンばっかりいつも食べてて奇妙)(他の食べ物食べない人なのかな?)とか思われているんじゃないかと思って、馬鹿にされて変に思われているんじゃないかってすごく気にしてしまった。💦

また母には自分のパートのシフトで、勤務日とオフの日のバランスが悪かったことで、「連続で休みがあるとずっと家にいなきゃならないからイヤよねえ」と言われたのだが、この言葉に対してもモヤモヤとした気分になり、とてもばつが悪い気持ちになった。

私が社員さんのようにフルタイムで常に仕事に行っている状態じゃないから、それを母は良く思っていない。(家にいるということは暇人ということだ。家にこもっていることが多い、そんな娘が恥ずかしい、情けない。。)という風に思っているんじゃないかと、母の発した言葉の意図を悪い方へ悪い方へと解釈したのである。💧

ネット上での人とのやりとりにおいても、直接対面しているわけでもないのに、リプやDMなどの内容を深読みしてしまったり、返事がなかったりするとやはり気にしてしまい、ネガティブな方向へ思考を巡らせてしまう。➰

本当は人が好きだし、人々の中で関わって様々な活動もしたいと思っているんだけれど、どうしても他人の一挙手一投足がいちいち気になってしまい、考えすぎてしまい、勝手にショックを受けたり傷ついたりしてしまう。本当に自分は知性のかけらもない人間だなあとつくづく思うのだ。😭

仕事上で注意されたりしても、その都度しばらく考え込んでしまう。

きっとおそらく”恥”の感情が強いんじゃないかと思う。

もう”中毒性の恥”になってしまっていて、根本的に”自分は恥ずかしい存在なのだ”という認識を持っているのだと思う。

だから他人の自分に対する言葉をすべてその考えに結びつけてしまうんだと思う。

だから他人と関わるのは怖い。でも他人と関わる喜びも沢山ある。それは他人は時には褒めてくれたり喜んでくれたりして、自分に愛情を掛けてくれるからである。

しかしそんなふうに他人の言動に一喜一憂してしまうというのは、すごく不安定なことだ。⚖

自分の恥の部分を思い知らされるのが怖いから、人にもっと近寄りたいんだけど、あまり近寄ることが出来ない。表面上はフレンドリーに明るく接していいても、心はいつも一定の距離を置いて他人とつきあっている。🙅🏻‍♀️

だから一見どんな人とも上手くやっているように見えて、実は自分と他人の間に見えない壁を設けており、人によってはこのような私に不信感を持つ人が必ずいる。

”この人はいい人そうに振る舞っているけれど、自分のことはあまり語らない、心を開かない、本当は何を考えているのかよくわからない。。。”という風に思われていると思う。

違うんだよ。。。怖いんだよ。自分のことを話して引かれたり馬鹿にされたりするかもしれないっていつも恐れているんだよ。本当の自分なんて本当に本当につまんない人間だから。😱

世間一般の人たちのような常識的な考え方も実は持っていないし。。。😫

とにかくバカにされるとか、大したことないって思われるのが怖いんだと思う。

つまり自分を恥ずかしい存在と思う気持ちが刺激されるのがイヤなのである。💉

しかし、いつまでもこんな風に人の言動に対して繊細すぎる性格では、この先もっと生きるのがツラくなってくる。💦

他人の自分に対する評価って、本当は実際の自分とは関係がないのだという。

自分の本当の姿を知っているのは自分であり、自分が評価する自分こそが正しいんだと思う。🍇

だから自分が自分を恥ずかしいと思ったり、バカだとか惨めだとか情けないと思ってしまうともう逃げ場がなくなる。自己卑下が過ぎたり自己否定の念が強いと、自分を追い込んでしまい、結果的にはもう生きてゆくことが不可能になってしまうのだ。💀

自分が自分を肯定して認められないと、外に自分への評価を求めるようになる、しかし実は外の人間、他人の振る舞いというのは自分の心の投影であるから、自己否定している人には他人も自分を否定しているように見えてしまう。

だから、他人が怖いという不安を解消するためには、自分が自分を肯定し擁護し、自尊心を高めるより他ないということである。🌟

アダルトチルドレンや不安障害などを持っている人にとって、自分を肯定するということは簡単なことではないだろう。

それでもやらなければならない。‼

自分自身が自分の親になって、心の中の幼い自分をもう一度育て直さなければならない。🌲🌳🌴

他人の評価は自分自身の本当の価値とは一切関係がない。

他人の言動に振り回されてはいけない。自分が良いと思うならば他人が何と言おうがそれでいいのだ。🦅

人間は1人1人まったく違う生き物であり、2つとして同じ者は存在しないのであるから、考え方も千差万別、1人1人まったく違うのである。。

自分は恥ずかしくなんかない、自分の生き方はこれでいいのである。

自分のやること言うことはすべてOKなのである。⭐🌞

そう思ってこれからも強く生きてゆこうと自分に約束するのである。

 

 みゆさん (っ´ω`c)